クローズアップしたロスマンフォールドのモデル

2018-11-27
Nicoletta Lanese

メチルトランスフェラーゼの中でも最大構造の分類にあるロスマンフォールドのモデルを手にするタンパク質工学・進化ユニットのパヌ・プラタップ・チョハン博士。本ユニットは、Biochemistry誌に論文を発表し、ロスマンフォールド・メチルトランスフェラーゼの機能的にも重要な構造的特徴を明らかにした。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード

ニュースレター申し込み