半月形とピンチポイント(蝶ネクタイ形)が現れた中性子散乱の図

2018-10-25
Nicoletta Lanese

左:スピン構成(原子磁性体)が外向きと内向きのスピン数が同じであるという保存則を破っている図(上)と従っている図(下)。

 

右:2つの状況別の中性子散乱:

ピンチポイント(下)および半月(上)の一定したエネルギー断面を表す中性子散乱の3D構造(中)。2つの模様は左の2つのスピン構成と一致する。

提供: 
Theory of Quantum Matter Unit

高解像度イメージをダウンロード

ニュースレター申し込み