クライオ電子顕微鏡でのSVV-ANTXR1複合体模式図

2018-10-30

OISTとオタゴ大学の研究者がクライオ電子顕微鏡を用いて撮影したセネカバレーウイルスとANTXR1受容体が相互作用している図。一部が染色された原子モデルとして表されている。青、緑、赤がSVVカプシドタンパク質、ピンクがANTXR1受容体。

提供: 
OIST/University of Otago

高解像度イメージをダウンロード

ニュースレター申し込み