起伏のある表面上における粘弾性流動の相図

2018-11-07
Nicoletta Lanese

マイクロ・バイオ・ナノ流体ユニットによる波状の表面における粘弾性流体の流れについての研究結果を要約した相図。流れのパターンは、流体の弾性(縦軸:シグマとして表記)および表面の波長に対する流路の深さ(横軸:アルファ)に依存。図の右下は、弾性と流路の深さが最適なバランスなため、「臨界層」で渦度の増幅につながったもの。

提供: 
Micro/Bio/Nanofluids Unit

高解像度イメージをダウンロード

ニュースレター申し込み