カイヤンの仮説的染色体

2018-10-23
Nicoletta Lanese

研究者らは、報告されているアメリカナマズのゲノム情報(灰色のバー)と比較することにより、カイヤンの仮説的染色体地図(青色と赤色の四角)を作成した。その結果から、ナマズ2種間における染色体レベルの構造類似性が50%以上保存されているかもしれないと考察した。

提供: 
Marine Genomics Unit

高解像度イメージをダウンロード

ニュースレター申し込み