原子レベルの解像度に迫るセネカバレーウイルスの立体構造

2018-10-30

OISTとオタゴ大学の研究者による国際チームが、2017年のノーベル化学賞の受賞対象にもなったクライオ電子顕微鏡法を用い、セネカバレーウイルス(略称:SVV)を、原子レベルに近い解像度で明らかにすることに成功しました。本構造は、ウイルスがいかに細胞受容体であるANTXRに結合するかを示しています。本受容体の1型は、ヒトのがん細胞の60%まで選択的に発現し、ウイルスが健康な細胞に影響を及ぼさないまま、がん細胞に感染し、破壊することができます。本研究は米国科学アカデミー紀要(PNAS)に発表され、ウイルスがいかにターゲットを認識しながら、健康な組織には影響を及ぼさないかを明らかにしました。

提供: 
Provided by Matthias Wolf, additional edits by Andrew Scott
研究分野: 
クリエーター: 
キーワード: 

ニュースレター申し込み