従来型のカライドサイクル(左)と9つのピースからなるメビウス・カライドサイクル(右)

2018-12-11
Nicoletta Lanese

従来型のカライドサイクル(左)は、特定の動きしかできない。ヨハネス・シュンケ博士とエリオット・フリード教授は、他のつながり方をしたリング状構造物が、同様の特性を持つかどうかを研究し、結果として今回のメビウス・カライドサイクル(右)が完成した。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード

ニュースレター申し込み