多数のインテグリン分子が動きまわっている様子を1分子精度で観察した生細胞SFMI動画

2018-04-03

接着斑は青色で示されている。緑の輝点は、1分子のインテグリン。この動画は実時間の6倍速で再生している。黄色の軌跡をつけたインテグリン分子をご覧いただきたい。この分子は、ブラウン運動に加え、ときどき一時停止する。これを、Temporary Arrest of LateraL diffusion (TALL; 一時停留)と呼んで表示している。この分子は、その後、接着斑から出て、細胞膜上を拡散して、そこでも一時停留という現象を見せた。一般細胞膜上でのTALLは接着斑内のTALLより短い傾向にある。さらにその後、この分子は別の接着斑に入り、また長いTALLを示した。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

ニュースレター申し込み