ニューロン間の電気・化学的伝達

2011-03-03

脳内ではニューロンという名の細胞がイオンと神経伝達物質を利用しお互いに伝達し合う。また、もう一つの細胞であるグリア細胞(神経膠細胞)がニューロンをいろんな形でサポートしている。
この映像では研究者によりイメージ化された細胞内のカルシウムにより、脳内の電気活動がわかり易く見ることができる。高速の明るい光はニューロンによって作り出されたもの、低速の燃え立つような光はグリアによって作り出されたものである。
パーキンソン病は、神経伝達物質ドーパミンを作り出すニューロンの機能停止により細胞間の伝達に異常が発生する。細胞間の伝達がどのように影響されるかを理解することにより、ドーパミンの喪失をどのように補い、さらには健康な状態に戻せるかを私達は研究している。

沖縄科学技術大学院大学 行動の脳機構ユニット 研究責任者、ゴードン・アーバスノット博士による映像

行動の脳機構ユニットについてhttp://www.oist.jp

研究分野: 
キーワード: 

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

ニュースレター申し込み