2018-04-11
New research from OIST's Quantum Dynamics Unit sheds lights on the movement of electrons in two-dimensional systems. The study, which was...
Type: メディアリンク
2018-04-10
色のついたプロットは、マイクロ波の磁場と周波数が変化する際の電子の流れを表す。 白い線は 磁場方向への強い依存性を表す線である。
Type: 写真
2018-04-10
凝縮ヘリウム上に電子を載せたカスタム設計の真空槽。 マイクロ波が、円柱の導波管を通って導入され、球面鏡によって電子上に集束される。
Type: 写真
2018-04-10
実験概略図。回転するマイクロ波場(E)が円形の電子層を通して送られる間、電圧(V)をかけて電流(I)を測定
Type: 写真
2018-04-10
実験で使用した装置の前に立つ、OIST量子力学ユニットのデニス・コンスタンチノフ准教授 (左) とオレキシー・ザドロシュコ博士(右)
Type: 写真
2018-04-10
  現代の電子工学は、負の電荷を帯びた数多くの電子の動きによって打ち立てられました。 ただし電子のふるまいは、普遍的でありながらも、その詳細は未だ明らかにされておらず、物理学者らを悩ませ続けています。 とりわけ、偏光した電磁波の影響を受けた際、電子はどのように動くかという疑問は、未解明の現象です。   偏光は、電磁波や光波などの波が回転するときに発生します。...
Type: ニュース記事
2018-03-29
2次元の光線としての時空における拡張エンティティ―であるツイスターを表現した図
Type: 写真
2018-03-29
量子重力についての難題に日々取り組むヤーシャ・ネイマン准教授
Type: 写真
2018-03-29
  一人の現代理論物理学者が、難題に立ち向かっています。   物理学者のヤーシャ・ネイマン博士は「より多くを学べば学ぶほど、現実はますます捉えにくいものとなります。 絶対が相対になったり、静的なものが動的なものになったり、確実なものが不確実なものになってしまうのです。」 と、語ります。   沖縄科学技術大学院大学の...
Type: ニュース記事
2018-03-28
平行プルキンエ線維細胞を示す電子顕微鏡画像。 シナプス前細胞である平行繊維は赤色、 シナプス後細胞であるプルキンエ細胞は緑色で示されている。
Type: 写真
2018-03-28
エリック・デ・シュッター教授とアンドリュー・ガリモア博士が、小脳の学習における分子機構を計算モデル化。  
Type: 写真
2018-03-28
学習とは、ある意味ニューロン間の信号伝達の強弱の調節機能をもつ分子ダイアルを介したバランスであると考えられ、 2つのニューロン結合が強化された長期増強(LTP)と、 2つのニューロンの結合が弱まった長期抑圧(LTD)が存在するこの大規模かつ包括的なモデルを使用すれば、複雑な信号システムがどのように連携しているかを調べられるようになる。
Type: 写真
Subscribe to ポーラ・レム